財団法人日本木材総合情報センター サイト内検索
木づかい.com 木づかい支援情報サイト
木づかい運動
3.9グリーンスタイルマーク
木づかいForカンパニー
木づかいと環境
みんなで木づかい
木づかい製品
木の基礎知識
木づかいと教育(木育)
木づかいと健康
木とふれあう
木づかいインタビュー
木づかいイベント情報
木づかいリンク
事務局のご案内
木づかいの町

 
 
木づかい.comトップ > 木づかい for カンパニー > 木づかいによる環境貢献活動とは
木づかいによる環境貢献活動とは
CO2排出削減の3分の2は森林が担っている
企業活動の中で、CO2の排出をどれだけ抑えられるかということが大きな課題となっています。節電や屋上緑化、バイオ発電を導入するなど、さまざまなCO2の排出削減に取り組んでいる企業も話題になっています。京都議定書で約束されていた日本の温室効果ガス排出削減量は1990年比で6%。そのうち3.8%(※コラム参照)は、森林によるCO2の吸収で達成する計画になっていました。残りの2.2%のうち、0.6%は省エネ等による国内での削減。1.6%は京都メカニズムと呼ばれる排出量取引などです。この内訳を見ると、日本の森林に課せられた役割は大きいことを理解いただけると思います。
コラム:木づかい運動ロゴマーク
  サンキューグリーンスタイルマーク
 
  京都議定書で約束した日本の温室効果ガスの排出削減目標6%のうち、森林によるCO2吸収量分である3.9% (当初)を象徴しているロゴマークです。
マークの上段の「国産材、使って減らそうCO2」は、国産材の利用を通じて、我が国の健全な森林整備を推進し、森林によるCO2吸収目標3.9% の達成を目指すことを、シンプルに一言で表現しています。
さらに、下段の「3.9GREENSTYLE(サンキューグリーンスタイル)」とは、CO2を吸収してくれる日本の森林に感謝(サンキュー)しながら、目標の3.9%(サンキュー)の達成に向かって、国産材を日々の暮らしに積極的に取り入れていくライフスタイルの提案です。

サンキューグリーンスタイルマークは京都議定書の第1約束期間の2012年度まで使われました。現在は「木づかいサイクルマーク」に移行しています。
 
このページのTOPへ↑
収穫期を迎えた日本の森林
ところで、この森林によるCO2吸収目標3.8%に対して、現在のところ3.5%に留まっており、目標まで0.3%不足しています。その理由のひとつは、森林の老齢化による吸収量力の低下です。
日本では戦後に将来の利用目的のために植林した木々が成長し、今では日本は国土面積の約7割を森林が占めるようになりました。日本は、先進国の中では、フィンランドに次いで世界で2番目の森林大国です。日本では、植林した木は成熟し、収穫期を迎えています。成熟した木々は成長が遅くなり、CO2の吸収量も少なくなります。

このページのTOPへ↑
木づかいは森林のCO2吸収を促進する
そこで、成熟した木々を、収穫して、適切に利用して、さらに、成長が盛んな若い木を植えることがCO2の吸収にとっては効果的なのです。しかし、日本の木材自給率は現在約3割です。7割は海外から輸入しています。これは、海外から木材輸送時に消費される化石燃料によるCO2排出という観点からも好ましい状況ではありませんし、日本で成熟した木々は使われずに取り残されているのです。結果として森林荒廃等の問題も起こっています。

日本の成熟した木を使い、そこに、若い木が植えられると、CO2をたっぷり吸収する健全な森林の育成が促進されます。

ところで、若い木を植林しても手入れをしないと、森林は荒廃してしまいます。具体的には、潅木やツルを除去する「下刈」や成長する過程で木々がお互いに干渉しないように適切に間引く「間伐」などが必要です。しかし、先述のように国産材が売れないため、資金が不足し、このような森林整備ができなくなっています。国からの助成もありますが、それでも採算がとれないのです。
京都議定書で吸収源として認められるのは、人の手で手入れされた健全な森林です。森林整備が進まないことも3.8%の目標達成のネックになっています。
このページのTOPへ↑
森林のサイクルは国土を守る
結果として、間伐しても使われずに森林に放置されたり、全く人の手の入らない荒廃した森林も目立つようになり、山崩れ、土砂流出等の災害も起こりやすくなっています。さらには、不健全な森林は下流の漁業等にも悪影響しているということも聞くようになりました。

以上のことから、日本で育った木を積極的に社会に取り入れること。国産材製品を積極的に使うこと。これが木づかいによる環境貢献活動です。

木づかい運動が促進されると、森林の本来の持つサイクル「植える→育てる→収穫する(上手に使う)→植える→育てる・・・」が正常になり、森林の本来持つ、地球温暖化防止機能、国土保全機能、水源かん養機能等が発揮され、我々の生活を守ることに繋がるのです。
コラム:木づかい運動ロゴマーク
  木づかいサイクルマーク
 
  日本の美しい森の再生を願い、「植える、育てる、収穫する、上手に使う」という森のサイクルが、そのデザインに込められています。
同時にグリーンのサイクルは、「無限」をイメージし、森のサイクルが永久に持続可能であることを表現しするとともに、豊かな森林で地球温暖化防止や森を育てるエコ活動など地球環境を思う人たちの連携やつながりをイメージしています。

木づかいサイクルマークは京都議定書第1約束期間終了後も継続して使われます。
 
このページのTOPへ↑
関連ページ
木づかいによる環境貢献活動とは
木づかい運動参加のメリット
1 企業・団体のイメージアップ
→ アピール事例
→その他の紹介文例
2 製品の販売促進
先進事例の紹介
1 パンフレット等へのロゴマーク添付
2 ノベルティグッズ
3 間伐に寄与する紙の使用
4 オフィスで国産材紙を使用
5 国産材を使用したオフィスの内装
6 メーカー、販売店様向け
Copyright (c) 2007 Japan Wood-Products Information & Research Center (JAWIC). ALL Rights Reserved.