この記事についてつぶやく第3回 木育・森育楽会

「第三回木育・森育楽会」開催のお知らせ ●「12月3日、みやざきアートセンターにて木育・森育の集いを!」 「NPO法人 木づかい子育てネットワーク」では、このほど第3回「木育・森育楽会(もくいく・もりいくがっかい)」を、2017年12月3日(日)にみやざきアートセンターにて、開催いたします。 木育とは、木に親しみ、生活の中に上手に取り入れることができる人間をはぐくむ教育活動。その範囲は広く、森を作ったり保全したりしてその意義を普及する活動、子どもたちへの教育活動、大人対象の木材系ワークショップ、ツリークライミングなどの体験活動…と様々なモノやコトが木育とされます。 そこで、全国で様々な活動をしている皆様が、一堂に会して自分の活動を紹介し合える、つながりあって新しいムーブメントを起こすことのできる、そんな刺激的な「楽会」を開催しよう!と2016年の2月に初開催してから、地方大会の開催なども含めて今までに4回開催してまいりました。今回は本大会としては3回目、会場を九州に移して、開催です! ●木育・森育楽会 テーマ〜「みんなつながっている」 美しい森をつくることと同時に、賢く木を使う社会づくりは、持続可能な森林・林業の実現に向けて欠かせません。 林業と木材産業をつなぐのが木材だとすれば、市民参加の森づくりと木づかいをつなぐのは教育です。「育」や「業」、それらを行うねらいや立場は違っていても、私たちは一つの大きな輪の中でつながっています。そのつながりを強め、持続可能な社会づくりに向けたネットワーク構築に向けて、開催されるのがこの木育・森育楽会です。 ●参加費無料!多様なプログラム 森と木と教育に関わる問題別討論、体験分科会の数々。基調講演、ワークショップ、全体討論、勝手に表彰等、多種多様なプログラムで繰り広げられます。 今回のテーマの一つに「学校教育における木育の普及拡大」を掲げております。そこで問題別討論では義務教育と木育、高校生、大学生と木育と二つの討論を行います。今どきの教育にどう木育・森育を加えていくのかを事例を参考に、討論したいと思います。 分科会では体験を中心とした4つのテーマに基づいて木育を語り合います。 1.

  • 楽会広報@
    楽会広報@
  • 楽会広報A
    楽会広報A

関連リンク

このページの上に

  • ダウンロード
  • 間伐ゲーム

木づかい友の会 入会ページ 製品データベース