財団法人日本木材総合情報センター サイト内検索
木づかい.com 木づかい支援情報サイト
木づかい運動
3.9グリーンスタイルマーク
木づかいForカンパニー
木づかいと環境
みんなで木づかい
木づかい製品
木の基礎知識
木づかいと教育(木育)
木づかいと健康
木とふれあう
木づかいインタビュー
木づかいイベント情報
木づかいリンク
事務局のご案内
木づかいの町

 
 
木づかい.comトップ > 木づかいと健康 > 木とのふれあいの感覚 > 人に優しい木造校舎
木とのふれあいの感覚
【5】人に優しい木造校舎
子どもや先生のストレスをより少なく。人にやさしい木造校舎。
写真1 木のある教育環境
引用: 日本木材学会編 すばらしい木の世界
 人間が集まる環境はそれだけで心理的なストレスがあり、疲れるものです。特に、児童・生徒や先生が毎日ともに過ごす学校では、ストレスを発生させる原因を少なくすることが必要です。その意味から、学校校舎が与えるイメージは重要です。調査によると、木造校舎とコンクリート造校舎のイメージは次の通りです。
○木造校舎のイメージ……自然で温かみがあり、快適性と接触感で鉄筋コンクリート造に勝っている。
○鉄筋コンクリート造校舎のイメージ……人工的で硬く、角張っていて落ち着きがない。
当然、校舎環境の違いは、そこで生活する子どもや教師の心理や生理にも大きく影響します。
図 教師の蓄積疲労
引用: 日本林業技術協会(橋田紘洋)
;木の100不思議、11(1995)
 図は、コンクリート造校舎から木造校舎になったときの評価の変化です。そこで、疲労感について調べてみると、多かれ少なかれ「眠い」「だるい」「集中力がない」などの疲労症状を訴える子供がいる小学校は、木造では44%ですが、鉄筋コンクリート造校舎では63%と1.5倍になります。さらに、生徒の10%以上が疲労を訴えるケースでは、鉄筋コンクリート造校舎は木造校舎の2倍強となり、その傾向がいっそう明らかになります。
 一方、教師の疲労感では、「慢性疲労」が顕著で、「一般的疲労」「気力の減退」が目立ちます。図1で分かるように、疲労の訴えの比率は木造校舎の方がコンクリート造校舎より小さいことがわかります。また、その差は小学校では小さいのですが、中学校ではがぜん目立ってきます。どうも、鉄筋コンクリート造校舎の教師のほうが疲れていることは確実なようです。児童・生徒や先生にやさしい木造校舎をもっと増やし、のびのびと授業を楽しんでほしいものです。
関連ページ
木で健康な生活
木の色と香り
木とふれあいの感覚
【1】木材の手触り
【2】木目の優しさ
【3】木は温かい
【4】木はエアコン
【5】人に優しい木造校舎
【6】木の床と歩き心地
【7】木の床と衝撃音
【8】木材の遮音と吸音
【9】木材空間の音色
木のある快適な生活
Copyright (c) 2007 Japan Wood-Products Information & Research Center (JAWIC). ALL Rights Reserved.