財団法人日本木材総合情報センター サイト内検索
木づかい.com 木づかい支援情報サイト
木づかい運動
3.9グリーンスタイルマーク
木づかいForカンパニー
木づかいと環境
みんなで木づかい
木づかい製品
木の基礎知識
木づかいと教育(木育)
木づかいと健康
木とふれあう
木づかいインタビュー
木づかいイベント情報
木づかいリンク
事務局のご案内
木づかいの町

 
 
木づかい.comトップ > 木づかいと環境 > 木を使うことが環境にいい理由
木を使うことが環境にいい理由
木を使うことは、なぜ環境にいいの?
CO2を吸収する森を育て、地球温暖化防止に貢献します。
地球温暖化の原因となっている二酸化炭素(CO2)の大きな吸収源として、森林が注目されています。京都議定書では、日本のCO2の排出量を1990年の水準より6%削減することが義務づけられています。そのうち3分の2にあたる3.8%を森林による吸収が担っています。
森林の木々は大気中のCO2を吸収し、炭素として固定します。そして木造住宅や木製品になっても、炭素は長年にわたって木の中に蓄えられます。木製品が「炭素の缶詰」と言われるのは、そのためです。
林業の低迷で、日本の森林は手入れが行き届かず、荒廃が進んでいます。しかし、私たちが日常生活の中でもっと国産材製品を使えば、資金が山に還元され、森林整備につながります。そして「植える→育てる→収穫する→上手に利用する」という森林の循環が保たれ、CO2をたっぷり吸収する元気な森が育ちます。一人一人の「木づかい」が、地球温暖化防止に貢献します。
国産材を使うことで、森林の手入れが進みます。
森林を育てるには、下刈、除伐、間伐などの手入れが必要です。また、主伐によって伐採された(=収穫した)あとには、再び植林しなければなりません。「植える→育てる(手入れ)→収穫する」という森林のサイクルを循環させることで、健全な森林が育成され、私たちに住みやすい環境と資源を持続的に与えてくれます。
ところで、手入れが行き届いた健全な森林づくりには、間伐材を含めた木材や木製品を積極的に利用する消費活動が必要です。私たちの消費活動により資金が山に還元され、林業の生産活動が活発化し、二酸化炭素の吸収機能をはじめ、森林が持っているさまざまな機能が十分に発揮されるようになるのです。

「木づかい」は、みんなで進めるエコ活動です。
●農作物を秋に収穫するように、人間の植林によってつくられている森林は50〜60年ほどしたら刈り取ります(主伐)。

●また、森林が育つ過程では、下刈(※1)間伐(※2)を行い、木が伸び伸びと育つ環境を与える必要があります。

●ところが、日本のほとんどの森林は、下刈や間伐がされずに放置され、森林の本来の姿で機能していません。安い外国産の木材に押され、国産材が普及していないからです。

●森林を整備するためには、下刈や間伐が必要です。そして、主伐したら植林して再び森を育てる。この循環が森林の本来の姿です。日本の森林を本来の姿に戻すには、国産材を使った製品を普及させることが必要です。それが日本の森を育て、CO2の吸収にもつながっていきます
関連ページ
木を使うことが環境にいい理由
 
 
補足
※1:「下刈」とは、植栽した苗木の生育を妨げる雑木などを刈り払う作業です。

※2:「間伐」とは、成長過程で過密になった森林の本数を減らすため、抜き伐る作業です。

「下刈」や 「間伐」は、健全で活力ある森林を育成するために必要不可欠な作業です。
Copyright (c) 2007 Japan Wood-Products Information & Research Center (JAWIC). ALL Rights Reserved.