財団法人日本木材総合情報センター サイト内検索
木づかい.com 木づかい支援情報サイト
木づかい運動
3.9グリーンスタイルマーク
木づかいForカンパニー
木づかいと環境
みんなで木づかい
木づかい製品
木の基礎知識
木づかいと教育(木育)
木づかいと健康
木とふれあう
木づかいインタビュー
木づかいイベント情報
木づかいリンク
事務局のご案内
木づかいの町

 
 
木づかい.comトップ > 木づかいインタビュー > 万波 佳奈さん・万波 奈穂さん
go player  Kana Mannami/Nao mannami
囲碁を通じて私達が知った、次世代にも伝えたい木の魅力。 脚つきの碁盤を持ったとき、プロの実感が湧きました。
私たちの名前の「奈」は、奈良の奈。木造建築好きの両親がつけました。
 ともに5歳から囲碁を習い始め、姉の佳奈さんは17歳、妹の奈穂さんは20歳でプロの囲碁棋士デビューを果たした万波姉妹。さぞや囲碁の世界と縁の深い家庭環境で育ったのかと思いきや、ご両親は、囲碁の世界とは無縁の建築士さんなのだとか。
「祖父と父の趣味が囲碁で、私たちにも習い事の一つとして囲碁を進めてくれたのが囲碁を知ったきっかけで、その後は囲碁教室や師匠について勉強をしました。両親は建築士という仕事柄のためか日本建築や木が大好きで、とくに歴史ある木造建造物の多い奈良が大好き。私たちふたりの名前に入っている“奈”の字は、奈良にちなんでつけたそうです」(佳奈さん)
「わが家の旅行といえば子供のころから、奈良や金沢などの古都の建物や寺院、町並みの見学や、尾瀬などの自然を味わうものがほとんどでしたね。この間の家族旅行で平泉に行ったのですが、そのときも両親は中尊寺を夢中になって見ていました。その影響か、学校でも木工が得意で大好きでした。本棚や小箱なんかを嬉々として作っていました」(奈穂さん)
いい碁盤は石を打つと深く響き、柔らかい“返り”があるんです。
 小学生の頃から、全国大会で優勝するなどして囲碁界からも将来を期待されていたおふたりですが、分厚い脚つきの碁盤を持ったのは、プロになってからのことでした。
「私はプロになったとき、師匠である大枝雄介九段が家で弟子を指導する際に使われていた碁盤をいただきました。使い込まれた碁盤は、盤面の線がかすれたり、石を強く打った跡が残っていたりと、先輩棋士が精進し勉強した歴史がこもっているようで、身が引き締まります」(奈穂さん)
「囲碁の碁盤は、宮崎・日向の本カヤが最上といわれています。厚みがあり、盤面の木目が直角になる“柾目盤”で色ツヤが美しい最高級品になると、軽く一千万円を超えるものも。ちなみに碁盤のマス目は、“太刀目盛り(たちめもり)”といって、日本刀のような形をした刃物を温めて黒漆をつけ、刃先を盤面に押し付けるようにして引くんですよ。盤面を触ると、線が微妙に盛り上がっているのがわかります。名人戦などでは歴史やいわれのある名盤を使いますが、やはり石を打ったときの音が違いますね。深く響くというのでしょうか。またいい碁盤は、石を打ったときの感触が優しいように思います。石を打った衝撃を盤面が吸収して包み込んでくれる感じ。強く打ちつけると盤面にはわずかにへこみ跡がつきますが、いい碁盤には柔らかい“返り”があって盛り上がり、また平らに戻るんです。地方で対局が行われるときなどは、本部からいい碁盤を送ることがあるのですが、そんなときは飛行機の気圧の変化で碁盤が傷まないように、碁盤師さんが付き添って手荷物扱いで客室に持ち込むことも」(佳奈さん)
森を守るのと同時に、木で作った道具を大切に使い続ける心を伝えたい。
「まだ名盤で対局する機会はわずかな私ですが、それでも対局中は、石を打った音の素晴らしさなどで気持ちが落ち着き、集中力が高まることがありますので、名盤の持つ魅力、木のすばらしさは実感しています。両親の影響で山歩きが大好きな私は、日本の森や木を守って行きたいと思うと同時に、その大切な木を伐って作った以上、木材製品をずっと大切に使い続けたいと思います。きちんと手入れすれば、碁盤のように何十年、何百年と使えるだけでなく、より使いやすいものになっていくのだから」(奈穂さん)
「そういえば私の名刺は、ひのきを削ったごく薄い板に印刷してあるんです。ひのきのいい香りがするんですよ。初めてお目にかかった方に自己紹介するのと同時に、木を道具にする職業に就いたのだから、ほんの少しでも木の魅力が伝えられたら、と思って。木や空気や太陽に感謝する気持ちは、昔に比べて薄れていると思います。全世界から木や緑がなくなってしまったら、人間はたちまち生きていけなくなるという事実を忘れないようにしなくては。木のありがたさを、私自身も見直しつつ、囲碁を指導している子供たちにも伝えていけたらと思っています」(佳奈さん)
このページのTOPへ↑
女流棋士 万波 佳奈(左)万波 奈穂(右)
財団法人 日本棋院所属のプロ棋士姉妹。兵庫県出身。
■佳奈 1983年生まれ。四段。第7、9期女流棋聖。2008年、第5回正官庄杯世界女史囲碁選手権日本代表選手として出場し、3連勝。日本棋院公式携帯サイト「碁バイルセンター」で「万波日記」を連載中。
■奈穂 1985年生まれ。二段。囲碁関連のイベントや企業、子ども向けの囲碁教室などで指導を行う。
公開中インタビュー
メディアコーディネーター 芳村 真理さん
5代目 吉野 正敏さん
土佐龍 代表 池 龍昇さん
女流棋士 万波姉妹さん
銀座 小十 店主 奥田 透さん
シテ観世流 浅見重好さん
食空間コーディネーター 渡辺 ゆり子さん
銀座 小十 店主 奥田 透さん
写真家 渡邉 英昭さん
コラムニスト 中村 孝則さん
樹木ライター 林 将之さん
インテリア・アーキテクチャー 水谷 壮市さん
インテリアデザイナー 小泉誠さん
シテ観世流 浅見重好さん
2005.1〜2007.12
過去のインタビュー
Copyright (c) 2007 Japan Wood-Products Information & Research Center (JAWIC). ALL Rights Reserved.